薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる>

薬剤師の転職を成功させるには?

現在、薬剤師のニーズは高く求人の種類も豊富です。いわゆる売り手市場ではあるものの、薬剤師は資格を有する専門職ということもあり人気の職業ですので、好条件の求人ともなれば倍率はグッと高くなってしまうのも実情です。

『リクナビ薬剤師』は、特定の職場を希望していたり、家庭の事情で譲れない条件があっても、個々の希望を尊重した徹底フォローで薬剤師の転職活動をしっかりとバックアップしてくれます。「絶対に調剤薬局で働きたい」「一般企業でDI業務に就きたい」「子供がいるので通勤便利な職場が良い」などの条件も、ワガママかな?と思わず伝えてみてください。

薬剤師の求人を探すならココ!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細

リクナビ薬剤師
【リクナビ薬剤師のお勧めポイント!】
  • 年収UP・キャリアアップ・プライベート優先、どんな条件でもリクナビ薬剤師なら見つかる!
  • 調剤以外の希少な案件希望でも、豊富な非公開求人の中から紹介してもらえる。
  • ■処方箋科目からも求人を探せるので、得意分野を活かすor未経験分野にチャレンジも可能!

>>『リクナビ薬剤師』の公式サイトはこちら!

ヤクステ 無料 全国 株式会社グローアップ 詳細

ヤクステ
【ヤクステのお勧めポイント!】
  • 薬剤師業界の実情を熟知したコンサルタントが、あなたの転職を徹底フォロー。
  • ■サイト利用者の早期離職は1%以下!希望をしっかりヒアリングしてミスマッチを最小限に。
  • ■漢方の取り扱い有、治験やDI業務など、自力で探すのは難しい求人も紹介してもらえる。

>>『ヤクステ』の公式サイトはこちら!

マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社マイナビ 詳細

マイナビ薬剤師
【マイナビ薬剤師のお勧めポイント!】
  • ■利用者満足度NO.1の理由は、詳細でリアルな求人情報と、コンサルタントの手厚いサポート。
  • 薬局、病院以外にも企業勤務案件も充実、業種毎のセミナーも随時開催。
  • ■ブランク歓迎、産休実績有など女性向けの案件も豊富。働くママさん薬剤師を応援。

>>『マイナビ薬剤師』の公式サイトはこちら!

薬剤師ではたらこ 無料 全国 ディップ株式会社 詳細

薬剤師ではたらこ
【薬剤師ではたらこのお勧めポイント!】
  • ■仕事紹介だけではなく、専任コンサルタントが求職者の目線に立ったサポートをしてくれる。
  • ■待遇などの条件とライフスタイルの両面から、あなたに最適の職場を提案。

>>『薬剤師ではたらこ』の公式サイトはこちら!

ヤクジョブ 無料 全国 クラシス株式会社 詳細

ヤクジョブ
【ヤクジョブのお勧めポイント!】
  • ■さくら薬局を運営する「クラフト」のグループ会社が運営。薬剤師の内部事情に詳しい!
  • ■コーディネーターの質が高く、転職活動はもちろん入職後のアフターフォローも万全。

>>『ヤクジョブ』の公式サイトはこちら!


薬剤師求人市場の現状は?

薬剤師の現在の求人市場は、かなりの売り手市場、つまり就職する側にとって有利な市場となっています。高齢化の進行に伴い、医療サービスの需要は今後もしばらく増加し続けるため、短期的にはこの売り手市場はまだまだ続くといえるでしょう。しかし、中長期的に見た場合には、この状況が続くとは決して言えなそうです。

2011年に薬学部が6年制に移行した影響もあり、ちょうどこの時期には一時的に薬剤師が減るという現象が起きました。しかし、現在はその影響もなくなり、少しづつ薬剤師の数は増えてきています。薬剤師の数が増えるということは求人倍率が厳しくなる、買い手市場にとシフトするということです。今はまだその影響は大きくありませんが、一説によれば都市部では数年以内に今の超売り手市場は終了すると予測されています。

また、薬剤師の働く場所不足も問題となっています。少し前までの調剤薬局は、ただ調剤をするだけでも生き残ることができました。しかし、現代ではそうはいきません。ただ調剤ができるだけで、患者にとって何のメリットもない薬局は、自然淘汰されていくと予想されています。これからは多くの患者を確保できる、優れたサービスを行う薬局だけが生き残る時代になるのです。

また、ニュースで薬のネット販売を解禁するという動きが出ているという話を聞いたことがある人も多いと思います。ネットで薬を販売するということは、これまで薬剤師がやっていた「体面形式による薬の危険性の説明」という仕事が失われることになります。そうなれば当然薬剤師自体の需要が減り、ますます転職・就職は厳しいものになるでしょう。

一方で、地方部では都市部が買い手市場にシフトした後も、薬剤師の求人はまだかなり強い売り手市場が続くと見込まれています。何せ地方には薬剤師のなり手がいないのです。常に求人を出している薬局やドラッグストアも多く、薬剤師は引く手あまたの状態です。 地方の薬局やドラッグストアは数少ない薬剤師をつなぎとめておくため、好待遇で迎えていることが多いです。特に調剤薬局ではその傾向が強いです。

というわけで結論としては「2014年1月現在の薬剤師市場は超売り手市場。ただし、都市部ではこの売り手市場は数年以内に終わる可能性が高い。一方、地方部ではその後も当分売り手市場が続く」ということになります。 みなさんが都市部で働くのか、地方部で働くのかはわかりませんが、ともかく今は薬剤師が転職するには絶好の時期す。この機を逃さず、自分の理想の職場を探すようにしましょう。


▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.