未経験者歓迎の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 未経験者歓迎の薬剤師求人

未経験者歓迎の薬剤師求人

「明るく働きやすい職場」「休みが取りやすい」などと並ぶ求人広告で信頼してはいけない言葉に「未経験歓迎」があります。採用する側の本音としては「未経験でもいい」はあっても、「未経験の方がいい」はまずありえません。いちいち新人を一から教育するのは時間もお金もかかりますし、できることならば即戦力の人間を雇いたいというのが本音でしょう。

しかし、すべての企業がそんなことを言い出したら、まともに人材が育たなくなります。そんなわけで比較的良心的な企業は「未経験者歓迎」というフレーズを求人に埋め込むわけです。さて、未経験者歓迎とは言わないまでも、未経験者にも十分なチャンスを与えてくれる職場は、薬剤師業界では意外と多いのです。特に調剤薬局、ドラッグストアはここのところ圧倒的な売り手市場が続いており、未経験者でもいいからとにかく頭数をそろえたいという企業や薬局が少なくないのです。

また、立地が悪い、給料が低いなど何らかのデメリットを抱えている求人にはわざわざ経験者は応募しないため、採用側が妥協して「未経験OK」とする場合もあります。逆にいえば、未経験OKとなっている求人は何らかの問題を抱えているケースが多いのです。しかし、この傾向はいつまで続くかわかりません。薬剤師の転職市場がいつ買い手市場に転換するかは、誰にも予想が付きません。転職するならば今がチャンスなのかもしれませんね。

さて、続いては未経験でも面接に受かるコツをお話ししたいと思います。上記の通り、未経験者と経験者では当然、経験者の方が有利です。経験者と同じような自己アピールをしていては、当然面接には合格できません。

そのため、未経験者は経験者とは違うアピールをする必要があります。まず大事なのが学習意欲を見せること。経験者の薬剤師はなまじ知識やスキルがあるため、学習意欲が未経験者と比べて低いケースも多いです。経験者にはない若々しい情熱や意欲を見せることができれば、面接官から高い評価を得ることができるかもしれません。

人間性をアピールすることも大事です。面接官といえども人間なので、当然理屈だけではなく感情で動くこともあります。その情に訴える何かがあれば、合格できる可能性もぐっと高まります。未経験求人はリスクも高いですが、未経験者にとってはありがたいものであることには変わりありません。みなさんも転職サービスをうまく活用して、未経験から薬剤師を始めてみませんか?



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.