在宅業務ありの薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 在宅業務ありの薬剤師求人

在宅業務ありの薬剤師求人

近年は医療費削減のためどこの病院も病床数を削減させているようです。しかし、病床数が減る一方で、医療が必要な高齢者の数は増えて続けています。これらの事情を背景に、近年は在宅医療が徐々に浸透しているようです。在宅医療のメリットはいくつもあります。まず一つ目は病院の病床数削減に対応できること。二つ目のメリットは、患者が住み慣れた自宅で暮らしながら医療を受けるられるということ。

これらのメリットを背景に、最近は在宅医療を受ける患者が徐々に増加しています。一方で従来の病院や薬局は少しずつですがその役割を減らしているようです。もはや病院や薬局を構えて患者を待っているだけでは医療が成り立たなくなってしまいつつあるわけです。

在宅医療における薬剤師の主な仕事は薬を届けること、薬歴を管理することですが、それだけではありません。在宅医療は薬剤師のみが行うものではなく、医師、看護師、ケアマネージャーなどと連携して行わなければならないものです。

在宅医療は入院治療と違ってすぐに医師が対応できない分、医療関係者同士が緊密に連携を取り合い、全体で患者をサポートしなければならないのです。そのため、基本的に個人プレーである調剤薬局職員とは異なり、他者とのコミュニケーション能力が重要となってきます。 在宅医療に携わる一番のメリットは、丁寧な指導ができるということ。流れ作業的に行われる調剤薬局の仕事と比べて、患者一人にかけられる時間が多いため、深く患者とかかわりたいという人にとってはお勧めです。また、医師や看護師などとかかわることが多くなるため、様々な人脈を築くことができます。

また、在宅医療は今後間違いなく成長する分野ですので、そこに早目に取り組んでおくことにより、将来のスキルアップににも繋がります。今はまだマイナーな在宅医療ですが、今後は非常に大きな可能性を秘めているわけです。 薬剤師として在宅医療の仕事を希望する場合は、転職サイトを利用するといいでしょう。在宅医療に取り組む薬局は多くありますが、その取り組みの熱心度は様々です。届け出だけでほとんど依頼がないこともあれば、本格的に在宅医療を進めているところおあります。どのような取り組みをその薬局が進めているかは、転職エージェントなどに尋ねるようにするといいでしょう。

彼らは転職のプロなので、各職場に関する知識は十分すぎるほど持っています。興味があるという方は、一度相談してみてください。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.