転勤無しの薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 転勤無しの薬剤師求人

転勤無しの薬剤師求人

最近は世界を股にかけて働くグローバルな人材が世界で求められており、地元で密着しながら働きたいという人たちの意思は軽視されがちです。しかし、地元に根付いた働き方をすることは、世界で活躍することと同じくらい尊いことであると、私は思います。さて、地域密着型の働き方をしたい場合には、当然「転勤なし」の職場を見つける必要があります。しかし、転勤なしの職場を探すのは、結構大変です。

まず避けるべきは大手の調剤薬局。全国に拠点を持っている薬局は、薬剤師をとりあえず仮採用しておき、必要に応じて転勤が発生することを了承した者のみを正式採用とするケースが少なくないようです。希望エリアを聞いてくれることもありますが、調剤薬局側にも都合がありますので、その希望が必ず通るとは限りません。大手は福利厚生もよく休みも取りやすいですが、その代わりに転勤のリスクがあるということは覚えておきましょう。

大手製薬会社も転勤のリスクは比較的多い方です。大手製薬会社も大手調剤薬局同様に全国に拠点があるため、必要に応じて転勤を迫られることもあります。そのほか、大手のドラッグストアなども転勤のリスクは高めです。逆に転勤の心配がないのは個人薬局。なにしろ薬局が1か所しかないのですから、転勤のしようがありません。

また、病院薬剤師も比較的転勤のリスクは低めです。個人病院ならば当然転勤はないですし、同法人が複数の病院を持っている場合でも薬剤師側から望まない限りは転勤することはありません。 また、MRはその数が少なく、転勤させるメリットも少ないため、転勤はまずないと思ってもらっていいでしょう。地域に1〜10店舗程度しか店を出していない小規模な調剤薬局も転勤はほぼありません。また、万が一転勤があったとしても、転居までは必要ないことがほとんどです。

全体的に見ると、大手の企業に所属するほど転勤のリスクは高まるようです。規模が小さい会社は転勤する先がないのですから、当たり前といえば当たり前の話ですね。 転勤のリスクが小さい職場を探すには、事前のチェックが大事です。前述のとおり特に大手の製薬会社や調剤薬局は転勤が多いので、面接の際によく効いておく必要があります。

ただし、転勤は必ずしも薬剤師個人にとってデメリットしかないわけではありません。新たな職場で見識を広げることもできますし、給料アップが望めることも多いです。あまり転勤なしという条件にとらわれすぎず、柔軟に転職先を探すようにしましょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.