臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人

臨床開発モニター(CRA)の薬剤師求人

皆さんは「治験」をご存知ですか?医薬品が誕生するまでには、たくさんの実験が行われます。まずは細胞や動物を対象とした実験が行われ、医薬品の安全性と有効性の確認を行います。そして、安全でありなおかつ有効であると判断された場合には、人を対象に試験を行います。この試験が「治験」です。治験では薬事法の承認を得ていない医薬品を、患者を対象に投与します。患者の安全は最大限に尊重され、患者の合意のもとに試験は進められます。もちろん、患者が試験を辞めると決めた場合にはすぐにやめることができます。

この治験にかかわってくる仕事が、臨床開発モニターです。臨床開発モニターはCRA(Clinical Research Associate)とも呼ばれます。CRAの仕事は治験が法律・ルールを順守しながら行われているかを確認することです。治験を実施する医療機関のスタッフに対する説明のほか、治験以来の準備、治験契約の締結なども仕事の範疇です。特に医療機関のスタッフに対する説明は重要な仕事です。CRAの業務は、内勤と外勤があります。内勤の時は上記の事務仕事が中心となりますが、外勤の場合には担当する施設へ出向いて業務を行います。職場の環境が一定しないので、毎日同じところで仕事がしたいという人には不向きかもしれません。

CRAとして働く一番のメリットは、働くにつれてどんどん年収が上がっていくこと。働き始めの年収は300万円程度と対して高くはないですが、経験を積むにつれて年収は順調に上がっていきます。マネージャークラスにまで出世すれば、その稼ぎは1000万円を超えることも多いとか。次に、CRAになるまでの道のりについてです。CRAになるための方法はおおよそ二つ。一つ目は新卒でいきなりCRAになるというもの。この方法は採用こそ多いですが、求職者も相応に多いため決して楽な道のりではありません。

もう一つの方法は、薬剤師としてスキルを積み重ねてからCRAに転職するというもの。こちらは求人はあまり多くないですが、薬剤師のスキルは現場で非常に重宝されます。転職の際はもちろん、転職後も薬剤師資格保有者はそうでない人間に比べてかなり優位に立てます。いきなりCRAになるとなかなか実際の医療現場での経験も積みづらいですし、できることならば外部の医療機関で経験を積んでから転職することをお勧めします。

特にねらい目なのは外資系の企業です。外資系は国内系と比べて経験を考慮してもらえることが多く、高収入が期待できます。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.