治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

治験コーディネーター(CRC)の薬剤師求人

発売前の医薬品の効果や安全性を確認する人体試験「治験」。新しい医薬品の開発には欠かせない行為です。この治験に携わり、新薬の開発の一端を担うのが治験コーディネーター(CRC)です。治験コーディネーターの主な仕事は、治験を受ける患者のサポートを行うこと。具体的には治験内容の説明を行って患者の不安を取り除いたり、インフォームド・コンセントのサポートを行ったりします。

そのほか、治験のデータを記載する症例報告書(CRF)の作成や有害事象(治験中に発生した有害な出来事)への対応、CRAが開催する勉強会への参加なども仕事の範疇となります。CRCに求められる能力は大きく分けて3つ。一つは事務処理の能力。資料作成などの業務はかなり多いため、MSofficeなどの処理能力は必須です。二つ目はコミュニケーション能力。患者の不安や疑問を取り除くのは、CRCの重要な仕事です。また、製薬会社の人とかかわることも多いため、適切な人間関係が築けなければいけません。三つ目は医療に関する高い知識。想定外の事態にも常に対応できる、高い知識が求められます。

CRCになるためには特に必須の資格などはありませんが、専門性の高い仕事であるため、薬剤師や看護師、臨床検査技師などの資格は転職や就職に優位に働きます。特に治験は新薬を取り扱う仕事であるため、薬剤師は重宝されます。CRCになる一番のメリットは、なんといっても肉体的な負担が少ないこと。事務作業と患者への対応が中心なので、体力はそれほど必要ありません。基本的に日勤が多く残業や夜勤は少ないため、ワークライフバランスも達成しやすいです。

また、CRCの仕事は、「楽」とまでは言えませんが、基本的に精神的な負担もそこまで大きくありません。実際の話、治験中に有害事象が発生することなどほとんどありません。命に係わるトラブルが起きることは極めて稀であるため、基本的には落ち着いた環境の中で仕事をすることができます。その分、万が一の事態が発生した際にはかなり大変なことになりますが……。

最後にCRCになる方法について。前述のとおり、CRCの仕事は薬剤師や看護師の資格があると転職の際に優位です。そのため、いきなりCRCを目指すよりは、まず医療機関や調剤薬局などで薬剤師としての腕を磨いた方がいいでしょう。そしてスキルを身に着けたら転職活動開始。その際には転職サイトや今まで築き上げた人脈をフルに活用するといいでしょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.