DI業務の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> DI業務の薬剤師求人

DI業務の薬剤師求人

薬剤師と聞くと調剤薬局に勤めているイメージが強いかもしれませんが、最近は製薬会社や病院、医薬品卸業者などに勤める薬剤師も増えてきています。こうした現場で医薬品の情報を管理・整頓し、必要に応じて情報を提供する仕事を「DI業務」といいます。

DIとは「Drug Infomation」の略です。Drug=薬、 Infomation=情報。その名の通り「薬」に関する「情報」を扱う仕事ですね。製薬会社などで、医師や一般人、自社の営業マンを対象に医薬品の情報を提供するのが、主な業務になります。そのほか企業内で使う資料の作成なども必須となります。そのため、一般企業に勤められるほどのPCスキルのほか、コミュニケーション能力も重要になってきます。調剤薬局がどちらかというと実践重視な仕事であるのに対し、こちらはどちらかというと理論重視の仕事、と言えるかもしれません。研究職に近いところがあるので、向いている人にはとことん向いている仕事といえます。

医薬品を取り巻く環境は日々変化しています。ある薬剤に重篤な副作用が見つかったり、とってかわるような画期的な薬剤が開発されたり。開発現場ではこのような大きな変化が、日常的に起きています。そうした情報をすべて網羅することは楽ではありません。DIには、かなり豊富な知識が求められます。

DIで働く一番のメリットは、薬剤に関する知識が自然と着けられることです。とにかく扱う情報量が多いので、日々の仕事をこなしているだけで自然と知識が身につきます。また、PC業務や電話対応なども仕事の範疇なので、一般企業に勤めるスキルも身につきます。将来は薬剤師としてではなく、OLとして働きたいと考えている人にとっては、スキルを身に着けられるという点でいい仕事と言えるでしょう。一方、デメリットは実際に調剤をする機会に恵まれないこと。理論重視で実践的な知識はなかなかつけられないため、いきなりDIを目指すのではなく、まずは調剤薬局で基本的な技術を身に着けてからDIを目指すなど、計画的なキャリアアップを行うようにするといいでしょう。

最後にDIの年収について。DIの年収は職場によっても異なりますが、大体400万円〜650万円程度に収まることが多いです。会社員としての昇給もあるため、長く務める人も多いです。その一方でパートとしてDIを雇う企業も多く、ブランクのある薬剤師の復職の場としても人気があります。薬剤師の仕事を探すなら、転職サイトへの登録は必須です。DIの求人は少ないので、逐一チェックして逃さないようにしましょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.