調剤薬局の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 調剤薬局の薬剤師求人

調剤薬局の薬剤師求人

薬剤師の仕事の中でも最もメジャーな調剤薬局でのお仕事でしょう。今更説明するまでもありませんが、念のために言っておくと、調剤薬局とは診療の後に薬をもらうための薬局です。以前は病院内に薬局が設置されることも多かったのですが、近年は医薬分業が進んだことにより、街中の調剤薬局も珍しい存在ではなくなってきました。

調剤薬局も他の業種と同様に、大手から個人薬局まで様々な規模のところがありますが、どこでも行われている仕事内容は大差ありません。調剤薬局の薬剤師のメインの仕事は、患者が持ち込んだ処方箋に従い、医薬品を調合することです。

これだけ聞くとただ薬を渡すだけの簡単な仕事と思えるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。持ち込まれた処方箋に不備がないかを確認したり、患者の薬の飲み合わせに危険はないかをチェックしたり。薬剤師の仕事は、簡単なようでいて意外と難しいのです。服薬指導時には患者に対して薬の使い方を説明します。薬によっては使い方を誤ると危険なケースもあるあt目、この説明はしっかりと行わなければなりません。

薬剤師が調剤薬局で働く一番のメリットは、最新の医薬品情報に触れられること。医薬品というのは日々進化しており、今まで日常的に使われていた医薬品が突然処方できなくなったり、今までにはない画期的な薬剤が開発されたりというのは日常茶飯事です。

こうした変化を肌で感じ取ることができるというのは大きなメリットです。薬剤に関する知識が自然と身に着けられることができるので、キャリアアップや将来の転職にも有利に働きます。一方、デメリットは若干ルーティーンワークの色が強いこと。本来、調剤は緊張感を持って行わなければならないものですが、毎日調剤薬局で働いていると同じような仕事が続くため、どうしても気のゆるみ、慢心が発生します。慢心はやがて大きな事故を生みます。おごらず謙虚に仕事を続ける態度が、薬剤師には求められます。

さて、最後に気になる調剤薬局薬剤師の年収ですが、年収は大体、400万〜650万円程度に収まることが多いようです。また、大手企業と中小企業では以外にも中小企業のほうが給料などの待遇面では優れていることが多いようです。

一方で大手企業は薬剤師の人材育成に力を入れているため、効率的で効果の高い研修や指導を受けられるというメリットがあります。どちらにもそれぞれ違ったメリットがありますので、転職・就職の際にはよく比較するようにしましょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.