ドラッグストアの薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> ドラッグストアの薬剤師求人

ドラッグストアの薬剤師求人

最近は街中でドラッグストアを見かけることも多くなりました。薬だけでなく日用雑貨なども販売しているため、使う側にとっては非常にありがたいですよね。ところで、一般的にはあまり知られていないのですが、ドラッグストアでは薬剤師資格がない人でも登録販売者資格を取得すれば、医薬品を販売することができます。ただし、登録販売資格者がすべての医薬品を販売できるわけではありません。副作用リスクの高い薬剤などは、今だに薬剤師の指示が必要となります。

そのため、本来必ずしもおく必要はないにもかかわらず、薬剤師を常駐させるドラッグストアは少なくありません。他のドラッグストアと差別化するためにあえて薬剤師を置くところも多く、ドラッグストアの薬剤師求人は安定して多い状況にあります。

ドラッグストア薬剤師の主な仕事内容は調剤ですが、もう一つ重要な仕事があります。それは接客です。薬剤師は薬だけでなく、日用品も扱うことがあるため、接客にも気を使わなければなりません。薬剤師としての役割のほかに、ショップの店長としての役割も求められるため、かなり体力のいる仕事といえます。ドラッグストア薬剤師として働く一番のメリットはなんといっても給料がいいこと。詳しくは口述しますが、ドラッグストア薬剤師の年収は調剤薬局の薬剤師と比べて100万円程度高くなることが一般的です。

ただし、その分仕事もかなり多いです。一日当たりの勤務時間も長くなりますし、休みも調剤薬局よりは少ないのが一般的です。激務であるため体調を崩す人も少なくないので、年配の薬剤師には多少きついところがあるかもしれません。

ただ、ドラッグストアで経験を積めば、将来的に独立開業することも可能です。独立さえしてしまえば、自分の考えのもとに動くことができるため、ストレスフリーで働くことができます。その分失敗の代償はすべて自分で払うことになるので、ハイリスクハイリターンな道と言えるでしょう。リスクを減らしたいのならば、ドラッグストアの流通アドバイザーになるのもいいかもしれません。

最後にドラッグストア薬剤師の年収について。ドラッグストア薬剤師の年収は、調剤薬局と比べると高めです。具体的には、500万円〜750万円程度です。年収が高い分仕事門大変であるということには留意が必要ですが、頑張り次第出稼ぎはさらに増えます。たくさん稼ぎたいという野心的な薬剤師には、ぴったりな職場といえます。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.