病院・クリニックの薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 病院・クリニックの薬剤師求人

病院・クリニックの薬剤師求人

最近は医薬分業の進行により、病院薬剤師の数は減少傾向にあるようですが、それでもいまだに院内処方をしている病院は数多くあります。大病院では薬剤師は欠かせない医師のパートナーですし、個人病院でも院内処方を選ぶ医師は一定数いるようです。

病院薬剤師の主な仕事内容は調剤、服薬指導などです。このあたりは調剤薬局勤務の薬剤師とあまり変わりありませんね。しかし、病院薬剤師にはもう一つ重要な仕事があります。自ら患者さんのもとに出向いて、指導やチェックを行うことです。直接指導すれば、患者さんは少なからず安心します。安心感を与え、気持ちよく薬を服用してもらうことが病院薬剤師の務めです。

また、時にはチーム医療の一員として、医師や看護師と連携することも求められます。調剤薬剤師は独立的な存在であるのに対して、病院薬剤師は連携的な存在といえます。患者の最適な治療のために医師と意見を交換し、よりよい治療法を考えるのも、病院薬剤師の仕事です。

病院勤務のメリットは、幅広く勉強ができるということ。調剤薬局と比べて薬の情報がより多く入ってくるため、自然と知識が身についていきます。また、調剤薬局と比べると働く人がかなり多いので、いろいろな人とのパイプができるというメリットもあります。デメリットは肉体的にやや大変であるということ。調剤薬局と比べると勤務時間が長くなり、また当直や夜勤が科せられるケースもあるようです。

次に病院薬剤師の採用状況について。基本的に大病院は新卒薬剤師をメインで採用しているので、経験者が入り込める余地が少ないです。一方、ねらい目なのは地方の中小病院。地方では常に薬剤師が不足しているため、いい労働条件を提示している病院も多いです。ただ、大病院でも急な欠員ができたときは経験者を募集することもあります。経験者の強みは即戦力になれること。新卒だけではカバーしきれない部分もあるため、転職組にも十分チャンスはあります。

最後に病院薬剤師の年収について。病院薬剤師の年収はおおむね300万円〜600万円程度に収まります。調剤薬局と比べると、若干低いですね。給料が低いうえに夜勤などがあると聞くと敬遠していしまいがちですが、薬剤師という資格をフルに生かすことができ、また病院によってはカンファレンスに参加することもできるため、転職先としての人気は意外にも高めです。スキルアップを図るには、ぴったりの職場と言えるでしょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.