漢方薬局の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 漢方薬局の薬剤師求人

漢方薬局の薬剤師求人

漢方薬は、まだ病気ではないが将来病気になる可能性が高い、「未病」の状態で処方すると高い効果を発揮します。これは西洋医学が病気になった後で対処するという、対処療法的な考えに基づいているのに対して、漢方学は「未然に病気を防ぐ」という考えに基づいているためです。とはいえ漢方薬も万能ではなく、細菌感染やがんなどに対しては西洋医学のほうが圧倒的に優位です。漢方学と西洋医学にはどちらもそれぞれ違ったメリットがあるというわけですね。その漢方薬を扱う仕事が漢方薬局の求人です。

漢方薬局で働くには、まずは薬剤師の資格が必要です。そのほか、漢方や生薬に関する知識も必要となります。多くの漢方薬局では「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格取得を薦めています。この資格がなければ漢方薬局で働けないというわけではないですが、あった方が優位になることは確かです。ただ、実際のところは漢方薬局に勤めながら資格を取る人も少なくないので、現時点で資格がないからと言ってそこまで憂慮する必要はありません。

「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格を取得するためには、まずは日本薬剤師研究センターと日本生薬会が実施している試験に合格しなければなりません。合格後も3年ごとに更新があるため、忘れてはいけません。漢方薬局で求められる一番尾のスキルは、当然漢方薬に関する知識ですが、それと同程度重要になってくるのが西洋薬の知識です。多くの患者さんは、西洋薬に関する知識も漢方薬に関する知識もありません。ですので患者さんは漢方薬を薦められても「本当に西洋薬より効くのか」と疑問を抱きます。

その疑問をすっきり解決できるだけの知識が必要になってくるわけですね。漢方薬局の職員だからと言って、漢方薬についてだけ知っていればいいというわけではないのです。

薬剤師が漢方薬局で働く一番のメリットは、自分のペースで働けるということ。他人にペースを乱されることなく、自分のペースで働けるというのは、長く務めるうえでは結構重要です。給料もそれなりに高く、残業も少ないので働きやすい職場といえます。

漢方薬局の年収相場は、正社員として働く場合でおおよそ450万円ほどといわれています。ただ、これはあくまで目安であり、経験さえ積めばどんどん収入をアップさせていくことは可能です。特に最近は非公開求人サービスで年収の高い求人が多数紹介されており、転職の際には必見となっています。まだ登録していないという方は、この機会に済ませておきましょう。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.