営業(MRなど)の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 営業(MRなど)の薬剤師求人

営業(MRなど)の薬剤師求人

最近は病院勤務や調剤薬局勤務からMRに転身する人が増えてきているようです。MRとは「Medical Representative」の略です。「Representative」という単語には「代理人」「代表者」「販売代理人」などの意味があります。MRとはいわば、製薬企業の販売代理人です。MRには必ずしも薬剤師の資格がいるわけではありませんが、実際には薬剤師の資格が半ば必須となっているようです。

MRの仕事は、製薬企業が病院に営業を行うときに代理人となって、薬の薬効について説明すること。他の薬剤師と異なり、仕事に営業的な要素が入ってくるため、売り上げを伸ばせるような話術・スキルが求められます。また、医師と対等に話せるほどの医療知識も求められます。MRとして働く一番のメリットは、年収が非常に高いこと。場合によっては年収が1000万円を超えることも少なくありません。金銭面以外の福利厚生にも優れていることが多く、転職の場としては非常に人気があります。

また、薬剤師全般にわたって言えることですが、MRはその中でも特に景気の波に左右されにくいです。景気がよかろうが悪かろうが、常に病気になる人は一定数います。そのため製薬企業は景気に左右されない経営を行えているところが多く、そこで働くMRの立場はある意味公務員以上に安定しているといえます。デメリットは医師との意思の疎通が必要になること。医師の機嫌を取ったりすることも仕事の範疇になるため、営業向きでない性格の人には難しいかもしれません。

また、大規模な製薬企業は全国に拠点があるため、転勤も多くなります。常に地元で働きたいというのならば、大手ではなく地元でしか知られていないような中小の製薬企業を選ぶといいでしょう。次にMRの年収について。MRの年収は、大学を出た直後は調剤薬局薬剤師よりも少ないですが、20代後半当たりでその差は逆転します。そして30代以降は、圧倒的にMRのほうが年収が高くなります。その金額は派遣社員として働く場合でも700万円前後、正社員ならば1000万円以上の水準に達することも少なくありません。

ただし、MRは営業でもあるため、常に結果を出し続けることが求められます。年収が高い分、精神的には結構大変かもしれません。それでも年収が高いというのは大きな魅力であり、薬剤師からMRに転職しようとする人は後を絶ちません。みなさんも転職先として、MRを検討してみてはいかがでしょうか。



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.