薬事関係の薬剤師求人

薬剤師求人サーチTOP >> 仕事内容別の薬剤師求人 >> 薬事関係の薬剤師求人

薬事関係の薬剤師求人

薬剤師の仕事の中でもあまりスポットが当たることがない薬事関係の仕事。今日はそのメリットについて考えていきたいと思います。薬事とは、製薬会社の中で医薬品の薬事監査に携わる仕事のことを指します。メインの仕事は行政への対応と社員の教育。行政への対応では、各種資料やデータ作成、監査への応対など、行政に対する柔軟な対応がおもめられます。職員の教育では、製薬会社のスタッフを対象に、薬事法などの順守を徹底させます。

薬事の仕事は必ずしも薬剤師の経験がいるわけではありませんが、やはり薬剤師の資格を持っている人は優遇される傾向にあります。もちろん、新卒でいきなり薬事関連の仕事に就くことは不可能ではありませんが、できることならば外部で経験を積んでから薬事へ転職する、という形を取った方が将来のためになります。薬事職に求められるスキルは高い事務処理能力。日々資料やデータの生産に追われるため、一般会社員と同程度のPCスキルは必須です。加えて社員教育も行わなければならないため、指導力も問われます。

薬事職として働く一番のメリットは、高い専門性を身に着けることができるということ。薬事職の仕事は高いスキルが求められますが、一度身に着けてしまえば将来もし自分が働いている製薬会社が倒産したとしても、スムーズに次の職場を見つけることができます。また、薬事職はサラリーマンなので、毎年の給料アップも望めます。製薬会社は基本的には景気に左右されにくいため、不景気でもある程度の給料アップが望めます。不況にも強く安定した立場で働きたいという人にとっては、いい職場と言えるでしょう。

次に薬事職の年収について。薬事職はサラリーマンであるため、給料はその製薬会社によって大きく異なります。一般的な中堅製薬会社の場合は、年収400万が一つの目安になります。もちろん、規模の大きな製薬会社なら、もっと年収は高くなります。加えて各種福利厚生もついてくるため、待遇はかなりいいといえます。ただし、仕事は割と忙し目です。サラリーマンなので残業も相応にあります。

ただし、中には残業ほとんどなしの求人もあります。そうした求人は人気が高く、すぐに埋まってしまいますので、こまめにチェックしておきましょう。現在の転職市場では薬事は需要が供給を上回っており、いわゆる売り手市場となっています。転職するならば、今が絶好のチャンスです。みなさんもとりあえず転職サイトに登録しておいてみませんか?



▲このページの上部へ


Copyright (C) 2014 薬剤師求人サーチ<満足の好条件求人が見つかる> All Rights Reserved.